2017年 2月 の投稿一覧

インパクトのある名刺キャッチフレーズを導き出す2つの具体的手法

名刺にはそれぞれ、キャッチフレーズと肩書が入れられています。文字を大きくする、太くするといった工夫もできますが、まず「本当にその短いセンテンスに企業の個性や営業担当者の個性が込められているのか?」という根本の問題があります。キャッチフレーズと肩書の基本とともに、「自社での決定作業」と「外部の視点」という2つの面から、インパクトを生み出す具体的手法を紹介します。キーワードは、一方通行ではなく他者の目から見る客観的な評価です。

続きを読む

自社商品やサービスのPRに直結する名刺の作り方5つのポイント

営業活動に使う名刺は、自社商品やサービスのPRに直結し、さらに商談や販売へとつなげる目的があります。名刺は、デザインや用紙の選択によっても印象が変わるものですが、ここでは「商品の本来的価値の提案」と「取引誘導商品の提案」という2点を中心に、キャッチフレーズと企業名や氏名を紹介する「表面」と、自由レイアウトが可能な「裏面」の具体的な活用法を5つのポイントに分けて紹介します。

続きを読む

新規営業の会話をスムーズに進めるアイスブレイクのための名刺作成術

アイスブレイクは、雰囲気を和ませ会話が活発になる空間を作る方法としてグループディスカッションでも採用されています。初対面の人同士が集まると、最初は空気が凍り付いて活発な意見が出ないことも多くあります。そこで、氷が解けるように場を和ませる手法として行われているのがアイスブレイクです。研修会だとゲームなどを行いますが、ここでは営業場面での活用を想定します。3つのポイント「雰囲気が和らぐ」「相互に意見交換できる」「安心感がある営業場面」のために、名刺に加える魔法の言葉を探すヒントを紹介します。お客様から「質問」が得られるようになったら商談はずっと楽になります。

続きを読む

営業で訪問先に覚えてもらう方法

外回り営業を経験している方ならだれでも経験している新規開拓の難しさ。相手先は通常業務の傍らで対応してもらっているので、冷ややかな態度になることもしばしばあります。しかし、新規顧客を開拓したときの達成感はこの上ないものといえます。営業マンはもちろん、これから起業を考えている方にも、新規営業する上で欠かせない、相手先に覚えてもらい、印象を強く持ってもらう手法をご紹介していきます。

続きを読む

印象に残る名刺でビジネスチャンスを広げよう

ビジネスに欠かせない名刺、印象に残っているものはありますか?強い印象を与える名刺でビジネスチャンス拡大を狙いましょう。会社の「らしさ」が現れるような工夫をほどこせば、名刺から会話が盛り上がり、チャンスが広がります。

続きを読む

信頼感が生まれる名刺を作るデザインテクニックと用紙の選び方

信頼感のある名刺にするためにどうすれば良いかを「見える化」することは難しい作業です。以前、ヒット曲の分析データに基づいて曲を作るとヒット曲になるのか?という実験がありましたが、結果はヒットしませんでした。ヒット曲は、詩と曲、そして歌う人の個性や歌唱力がマッチすることで生まれます。それと同様に、どんなに立派な名刺を作っても、持ち主の身だしなみや顔の表情が豊かでなければ名刺の価値も失われます。逆もあるでしょう。そこで、「違和感」という観点から、名刺の信頼感について考えてみます。

続きを読む

高級名刺を作るために知っておきたいこと

流行に敏感な高級ショップやデザイナーなど、そのブランド力をアピールするために高級名刺を必要とするところは多いでしょう。実際に高級な名刺とはどんなものなのか、知っておきたいものです。そこで今回、高級名刺を作るためのコツを公開します。

続きを読む

痛名刺の使い方や作り方のポイントを紹介

痛名刺の存在を知っていますか?世界最大規模の同人即売会、コミックマーケットなどで利用されている名刺のことです。

アニメのキャラクターを使ったインパクトのある名刺で、多くの方が利用しています。痛名刺の他に、車にキャラクターを装飾した痛車を作っている人もいます。

今回は、コミケやオフ会などで印象の残る、痛名刺があった方がいい理由や、作り方のポイントを紹介します。

続きを読む

初心者でも分かる名刺印刷のやり方

社会に出て初めて名刺が必要になる方は多いです。そんな時、どうやって名刺を作ればいいのか分からない方のために、今回は初心者でも分かる名刺印刷のやり方を解説します。

名刺印刷には、さまざまな方法があるので、ご自身にあったやり方で自分だけの名刺を作ってみてください。

続きを読む