2016年 11月 の投稿一覧

名刺のデザインテンプレートが豊富な印刷会社3選!

初めて名刺を作る方にとっては、デザインテンプレートの種類が気になると思います。デザインテンプレートがあれば、簡単に名刺が作れるので、できるだけ種類が多いところで作りたいですよね。

今回は、名刺のデザインテンプレートが豊富な印刷会社を3社紹介します。どれも、デザインテンプレートが豊富な上に、そのまま注文できるので非常に便利です。

印刷会社の特徴とともに紹介するので、安心して発注することができます!それでは、さっそく見ていきましょう!

 

続きを読む

手軽に作れる!今すぐ使いたい名刺作成アプリ3選!

名刺作成というとデザイン会社に頼んだり、印刷会社に依頼したり、大変だというイメージがある方は多いです。

そんな中、今回紹介するのは名刺作成アプリです。手軽に利用できる名刺作成アプリは密かに話題になっています。お手持ちのスマホで印刷までできるので、手軽に名刺を作りたい方にはぴったりのサービスです。

今回は、そんな名刺作成アプリの中でも、特に使いやすい3つを厳選して紹介します!これから名刺作成を考えている方は、アプリも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

 

続きを読む

名刺用紙と印刷方法を選び企業ブランドや個性を伝える名刺を作成

名刺印刷用の用紙は数多くありますが、定番は「上質紙」「コート紙」「特殊紙」の3つです。また、用紙の厚さによって「厚口」「薄口」があり、紙が厚くなると硬くて丈夫な名刺ができます。パソコンプリンター、オフセット印刷、オンデマンド印刷の3つの印刷方法によって、それぞれ専用の印刷用紙に印刷します。名刺は企業ブランドや使う人の個性を伝える大切なアイテムです。名刺用紙の選び方を5つのポイントで紹介しています。目的や予算に応じて印刷方法を決め、好みの用紙を選んで特色ある名刺を作成しましょう。

 

続きを読む

プリスタの名刺印刷の特徴の紹介

豊富なデザインテンプレートと破格の安さが特徴の名刺印刷サービス“プリスタ”をご紹介します。色んなタイプのデザインと用紙から好きな組み合わせを選んで、手順通りに作業するだけで簡単にオリジナル名刺が作れます。

続きを読む

アプリをダウンロードしてスマホでデザインするみんなの名刺

スマホやタブレットを使って名刺デザインを行い、そのまま印刷の発注ができるサービスとして「みんなの名刺」があります。アプリをダウンロードすると、画面上でデザインします。iOSデバイスを使うので外出先でも手軽にデザインが可能です。また、午後4時までに注文すれば関東圏や関西圏なら翌日に名刺が届きます。高性能のオンデマンド印刷機を採用し、さらに光沢コートで仕上げるためビジネスシーンの活用でも見劣りしない高品質の印刷も大きな特徴です。
アプリをダウンロードして画面を見ながらデザインをしますが、操作は大きく2つのステップで行います。「デザインを作成する流れ」と「注文操作」に分けて紹介します。

スマホを使って簡単に自分だけの写真入り名刺デザインを作成

Apple社が開発したiOSデバイス「iPhone・iPod ・Touch,iPad」や「Android」を使って、名刺デザインの編集と名刺の注文ができます。手軽さと短納期、そして何よりも特徴として挙げられるのが、40種類のデザインを用意して1枚ずつ印刷を頼んでも同一デザインで40枚印刷する料金と同じという点です。営業マンならお客様の個性に合わせて複数デザインを用意して営業活動に活用する工夫もできます。
まず専用アプリをダウンロードしてみましょう。画面上の操作は大きく、「デザイン作業」と届け先などの「必要事項入力」の2つのステップです。
最初にデザイン作成の操作方法を手順に沿って簡単に紹介します。

名刺デザインの開始はテンプレートの選択から

①テンプレ選択をタッチしてテンプレート選択画面へ移行
最初の画面には「テンプレ選択」「マイフォルダ」「アプリについて」という3つの項目が表示されます。テンプレートで編集して、データはマイフォルダに保存します。
注文はフォルダ内に保存した複数のデザイン編集を選択して行います。いくつデザインを保存しても無料、注文確定は最終作業なので安心して進めましょう。

②デザインと印刷仕様を決定
操作はタッチパネルで行うので、指先でデザインを選びます。
次に、裏面の印刷の設定が出るので「YES」をクリックすると両面デザインが確定します。

③編集はまず写真の選択から
画面右上の「ひまわり」の画像にタッチすることで画像を選ぶことができます。写真をアイコンから選びんで向きや大きさを指先で調整、「クリップ実行」をタップしておきます。

名刺作成アプリ、みんなの名刺

④必要な文字を入力
いよいよ文字の入力です。左下の鉛筆マークをタップすると文字入力スペースが青い枠で表示されます。青枠をタップすれば、文字入力ができます。表と裏もあるので、右側の「表」「裏」のアイコンで切り替えます。最後に、データ保存アイコンをタップしてマイフォルダに保存しておきます。
フォルダには複数のデザインが保存できるので、印刷発注をするときにわかるように名前を付けておきます。これでデザインはできました。

名刺作成アプリ、みんなの名刺

注文画面から部数を確認して完了

画像の挿入と文字入力が終われば、セカンドステップの「注文画面」へ移ります。もうデザインはできているので、部数や届け先の入力といった発注情報の設定を行います。
みんなのアプリのホームページで見ることのできる動画は解説スピードが速いのでちょっと戸惑うかもしれません。こちらの解説と合わせてみると、簡単に操作のコツが理解できるでしょう。

「お手続き」をタップして印刷注文のデザインデータを送信

①データの保存を確認
右上の「マイフォルダ」をタップして、中に名刺デザインが保存されていることを確認します。

②パック管理と印刷枚数の設定
右上の「パック管理」をタップして、パック管理に進みます。
まず、新規にパックを作成します。あとで探しやすいように、わかりやすい名前を付けておきます。
マイフォルダに保存されている名刺が表示されるので、印刷する名刺ごとに枚数を決めたら「完了をタップ」して注文の準備は整いました。

名刺作成アプリ、みんなの名刺

③印刷の購入
「今作ったパックをカートに入れる」をタップして、印刷購入を決めます。次にパック数とサイズを決めます。上下にスクロールするようなイメージで指先を移動させれば数字が表れます。
次に、画面右上の「お手続き」で注文データを送信します。確認ボタンが表示されるので、「YES」で送信すれば完了です。

名刺作成アプリ、みんなの名刺名刺作成アプリ、みんなの名刺

④支払方法と送付先を入力
これでデザインとデータのアップロードが完了しました。
あとは、送付先などの注文データを手順に従って入力するだけです。カードでの支払いや着払いなどの選択も可能なので、それぞれ選択していきましょう。
慣れれば簡単な操作です。最初は、デザイン機能と保存方法にしっかり慣れましょう。複数のデザインを用意して、少部数の発注が楽しめるようになります。

みんなの名刺はアプリだけに対応

みんなの名刺印刷は、アプリによるデザインと注文だけに対応しています。電話などの注文は受け付けていません。文字情報の画像化など一連の操作をクラウドサーバーで行うため、インターネット回線につながっていることが使用の条件です。

みんなの名刺の印刷料金

印刷料金は、1セットを40枚で設定し税込840円です。しかも、日本全国送料が無料で、商品合計2,000円以上であれば代引手数料も無料となっています。
この料金設定には、もう1つ他にはない大きな特徴があります。例えば、1種類のデザインで40枚印刷しても、40種類のデザインを作っておいて各1枚ずつ印刷しても印刷料金が同じだという点です。
オンデマンド名刺印刷のメリットとも言えますが、デザインから印刷まで一連の作業を自動化しなければありえないほどの低料金設定だと言えます。

みんなの名刺の用紙サイズは2タイプ

データ送信前に「サイズの設定」をしますが、名刺のサイズは2タイプあります。
一般的な大きさ(91×51)のレギュラーサイズと、一回り小さい女性専用サイズとしても使われているスモールサイズ(81×51)です。
用紙はアートポスト系のコート紙で、印刷後に光沢コーティングを行っています。写真の鮮やかさを実現するとともに高級感を生み出すための加工といえます。そのため、ボールペンによるメモの記述には向かないというデメリットもあります。
用紙の種類が選べないなど制約はありますが、スマホを使って手軽に自分だけのデザインできて高品質の名刺が手元に届くという楽しみもあり、ビジネスやプライベート名刺の利用が広がりそうです。

スマホで手軽にデザインできる、みんなの名刺のダウンロードはこちら。

デザインと型抜きの工夫で思ってもみなかったおもしろ名刺が続々

世の中にはおもしろい名刺が溢れています。「検索」すると次々出てくる名刺に、何がなんだかわからないぐらい気になる名刺が登場してきます。それぞれ検索は「読者」にお任せするとして、日本と世界のおもしろい名刺をざっと眺めてみましょう。書体やデザインはもとより、特殊加工の型抜きによる変形タイプ、さらには変形加工した部分が立体的な動きを伴うなど、おもしろいアイデアがいっぱい詰まった名刺がザクザクと現れてきます。ともあれ、基本となっているのはデザインと印刷用紙と型抜きの3点だけです。思わず欲しくなる優れものを探す手がかりも紹介しておきます。

「立体」と「飛び出す」をキーワードで見つけるおもしろい名刺5選

実際に使ってみたくなる名刺には、文字やデザイン、用紙、アイデア名刺など様々あります。全部ピックアップできないほど溢れています。デザイン系のおもしろさは多くの印刷会社でも対応しています。
ここでは「立体」と「飛び出す」に注目し、その特殊加工の基本である「名刺の型抜き」から紹介してみましょう。併せて、検索ワードから日本や世界のユニークな名刺をピックアップしてみます。

型抜きはイラストなどを切り抜くための仕上げ工程の1つ

印刷業界では型抜きのことを「トムソン」と言います。直線と直角の裁断は印刷会社の断裁機で可能ですが、円形カットや中面の一部をくり抜くカットはできません。
そこで、断裁する形に合わせて金属の型枠を作って印刷した用紙を、1枚1枚型抜きをして仕上げます。その作業をトムソンと呼んでいます。
一般社団法人 日本印刷産業連合会のホームページにも、トムソンについて解説があります。「打抜き(=トムソン)や抜型(=トムソン刃)など、一般通称として使われる。米トムソン・マシン社(米国)のトムソン型機械(1909年)に由来」(引用)。
名刺は小さな印刷物ですが、基本は変形チラシなどと同じように型枠を使って曲線部分をカットしたり型抜き工程を通して仕上げます。そのため、印刷と仕上げ料金は2~3万円ほど割高になってしまいます。
しかし、こうした特殊加工の名刺を探していると価格以上に興味をそそるユニークな名刺がいっぱいあるので、検索ワードから自分の好みの名刺を探してもらうことにしましょう。

5つのキーワードから特殊加工のおもしろ名刺印刷を見つけよう

①型抜き名刺
イラストを使った可愛らしいデザインや、おしゃれな名刺、レター名刺のようなビジネスで使えばもらった人の心に印象として残ってしまう名刺が数多くあります。

世界と日本のユニークな名刺
透明なアクリル系の板を素材にした名刺を使って虹を作って遊んだり、スケールを印刷することで大きさが測れたりする名刺はノベルティにも似た感覚です。
また、カットされた人物イラストが立ち上がったり切り抜いて組み立てると飛行機や自動車ができたりする立体型の名刺、飛び出す名刺など見ているだけで楽しくなるサンプルが紹介されています。

おもしろい名刺
海外の名刺ですが、呼吸器内科の医師のもので風船を膨らませると病院名などが読めるようになる風船名刺もあります。肺活量を測るという目的があるようです。この他にも特殊加工の切抜き、型抜き、またデザインなど気になる名刺がたくさん紹介されています。

かわった名刺
日本のユニークな名刺と制作会社を紹介しています。
特殊加工の型抜き名刺が多くあり、エンボスやデボス(空押し・型押し)で凹凸をつけたり、ラミネート加工、筋入れ、さらにラメなど少し変わった用紙を使った名刺や、シルクスクリーン印刷の名刺もデザインの可能性を広げています。「落花生名刺」のように食材に印刷した名刺もあります。

特殊な名刺用紙
和紙や手すきの和紙は当然ですが、パールや糸くずが入って輝く用紙、半年間香りが持続するという香る用紙、ゴールドのプラスチックの用紙、環境に優しいケナフや竹が材料の用紙など、デザインとともに用紙も工夫すれば、個性的な名刺が自由自在にデザインできそうです。

インパクトも大きい飛び出す名刺と立体名刺

紹介したように、用紙もデザインも形もありとあらゆる可能性が広がる名刺デザインですが、オーソドックスで、しかもインパクトのある3つの名刺をあらためて紹介しておきます。個別の企業と商品を取上げますが、PRではなくおもしろい名刺のサンプルなのでご了承ください。

2つ折りの名刺を開くと 顔が飛び出す名刺

明間印刷所という印刷会社が提案している名刺が「飛び出す名刺SHO-BU名刺」です。
動画を見ればよくわかりますが、4つ折りの名刺を開くと飛び出す絵本のように顔のイラストが前面に押し出されるという名刺です。さらに上に開くこともできるので、通常の名刺の2倍以上の情報を掲載することができます。
似顔絵のほか、自動車と家やハートのバージョンもあるので、営業マンが利用すると営業成果につながるかもしれません。ただし、100枚が21,000円(税込)とちょっとお高くなります。

組み立てると飛行機ができる

リキッド・エナジー・インクという名刺制作会社が販売しています。
「女子飛行機名刺」というネーミングで、名刺にピンク色の古風な軽飛行機をデザインしており、カットして組み立てるとおしゃれな紙の飛行機模型になります。
新規注文の料金は100枚が片面印刷で10800円(税込)、デザイン料金なども必要ですが要望に応じてカスタマイズもできるようです。

世界に広まったデンマークのレゴ名刺

最後に紹介するのが、デンマークの経営コンサルタントがブログで紹介したころから世界中に話題が広まった、レゴマークの入った女の子のフィギュア名刺です。レゴを名刺に変えたセンスは圧巻です。
「レゴに入社したいと希望する若者が増えた」という話もあるほど、衝撃的な名刺です。
フィギュア型のレゴ名刺は、名刺を持つ人の性別や髪形、メガネもカスタマイズできるようですが、高価な名刺だけにレゴ社でも一部の管理職しか手にできなかったようです。
希少価値もあって、欲しくなる名刺としても一番に挙げられるかもしれません。

手軽に作れる立体的な名刺としては、ビスタプリントの厚盛DECO名刺がおすすめです。
かんたんに高クオリティ名刺が作れる!厚盛DECO名刺とは?